慢性腎不全の猫の治療と食事について

と題しまして、

今日は朝から、

シロ(猫・18歳・女の子)が、

嘔吐してしまったので、

すぐさま、動物病院で点滴を打って来たのだが。



病状が進むにつれ、

食も細く。



体重も4.7キロまで、減少してしまった。



確か、シロは、

今年の5月にも、

1度だけ、

体調を崩し、

病院で点滴を打ってもらったのだが。



そのときは、ステージⅡだったのにも、関わらず、

あっと言う間に、

ステージⅢ(もうすでに尿毒症を起こしています)まで進行してしまった。



とにかく、シロが動物病院で、

慢性腎不全だと診断されたのは、

今から約5年ほど前になるので、

先生曰く。



「私達の病院では、

 なかなか、ネフガードまで飲める子がいなくて。 

 飲み続けているのは、シロちゃんだけなんですよ~。」とのこと。



あっ、そう言えば、

最初は、粒のネフガードをすり鉢で砕いてあげていたっけ。



ちなみに、我が家のシロさまは、

缶詰をもともと、

あまり食べない猫ちゃんだったので、

ネフガードをあげると言っても、

ドライフードの上に乗せただけでは食べないしなぁ~。



そんなとき。



頼りになったのは、

皆さんがいつも、

何気なく利用している、

グーグルの検索機能でした。



もちろん、先生からの情報も大切ですが、

そこには、

「薬をあまり飲みたがらない猫ちゃんには、

 少量の缶詰に混ぜ、直接自分の手で与えると効果的ですよ~」

と書いてあったので、すぐさま、実行。



すると、どうでしょう。



缶詰&薬嫌いのシロさまも、

パクパクと食べてくれるではありませんか~。



しかも、このときは、まだ、

アイシアの「11歳からの健康缶」をあげていたっけ。



そのうち、

ネフガードも粒上の物ではなく、

スティックタイプがあるのを知って。



自分で砕くよりは、

スティックタイプの方が、

細かい顆粒になっていたので、

こちらに切り替えたのを、

まるで昨日のことのように思い出します。



もちろん、その際に、

動物病院で処方された、

缶詰(ウォルサムのアルミトレイ&パウチなど)も試してみたのだが。



これがまた、

まったく食べず。



根気良く頑張ってみたものの、

最終的に、

病院から処方されたドライフード(キドニーケアのフィッシュやウォルサム)だけは、

なんとか食べてくれたので、

缶詰は、アイシアさんの健康缶にお世話になることにした。



キドニーケアにチキン味が出たり、

ウォルサムのスペシャルが出たときは、

本当に感動的だったなぁ~。



でも、我が家のシロサマは、

先月の上旬に体調を崩したのを機に、

何故か、キドニーケアをまったく、

食べなくなってしまってですねぇ~。



そこで最近は、

今年に入ってから与えている、

『腎ケア』をお湯でふやかしたりしながら、

(たぶん、腎ケアは、小粒なので、

 食べやすいのだと思います)

少しでも自分から食事ができるように、

調整してます。



もちろん、15歳の健康缶(とろとろペースト)も、

飽きてしまったのか、

なかなか食べてくれない時があり。



一応、まぐろ味を始めとし、

かつおやささみを常備しているのですが。



それだけでは、

栄養が行き届かなそうなので、

本当は駄目だとわかりつつも。



いなばさんから出ている、

「CIAOちゅ~る」という、

おやつを与えてしまっている鈴木です。



もちろん、

その際にはできるだけ、

「11歳からの」と書かれた高齢猫ちゃん用のものを選ぶようにしているのですが。



飼い主に似て、

飽きるのが早いのか、

最近ではすっかりと、

水分補給のために与えていた、

モンプチのピュアスープ(2種の魚介のコンソメ風や魚介とチキンのコンソメ風など、

4種類の味を交互にあげていました)も、

食べようとはせず。



(モンプチのクリスピーキッスは、

 昔から大好きなので、

 今でも時折、

 食欲がないときは、

 腎ケアの上に、

 そっと、乗せてあげています)



そこで、

いなばさんから出ている、

「CIAO だしスープ4連パック 焼津産まぐろだし」や、

「CIAO ボーノスープ・かつおだしスープ&魚介クリームスープ」も、

与えてみたのですが。



こちらに関しては、

まったく、

食べないことはないけれど、

どうやら、我が家のシロさまの口には合わないようで。



再び、CIAOのおやつシリーズに、

戻そうかと検討中。



そんな訳で、今回は、

少しでも、

高齢猫ちゃんと一緒に暮らしている人達の参考になればいいなぁ~と思い、

あえて、商品名などを書かせて頂きましたが。



何はともあれ、

ステージⅡ(ベーチェット病及び、強直性脊椎炎を患っています)の私が言うのもなんですが、

『食』って言うのは、

やはり、大切なんですよね。



これは、きっと、人間も猫も、おんなじかなって、

思います。



だからこそ、シロには、1日でも多く、長く生きて欲しいなぁ~と。



あっ、そう言えば、

ここでまた、

書きたいことをふと思い出したので、

追記させて頂きますと。



我が家のシロさまは、

生まれてから暫くの間、

「紙砂」と言うものを使っていたのですが。



1度、使ってみたら、

お掃除をするのが超簡単だった、

と言うこともあり、

ずっとシリカサンドを使っていたのですね。



でも、点滴を打ったことのある、

猫ちゃんちならば、

わかるかと思うのですが。



点滴を打った直後は、

尿量が増える為、

1袋、3.7リットルのシリカサンドでは、

2日くらいしかもたないんですね。



そこで、

約18年ぶりに、

1袋8リットル入った紙砂の使用を試みたのですが。



最近の紙砂は、

随分と使いやすくなったようで。



おしっこをした部分が固まったり、

緑色になって知らせてくれるので、
本当に助かっています。



ここまで読んでくれて、

本当にどうもありがとう。



自他ともに認める、

愛猫家の鈴木あろはこと、

鈴木マリンでしたぁ。



See☆You☆☆☆



病院へ行くのは、いつも嫌だにゃ~。

d0045362_20352582.jpg








でも、頑張るにゃ~\(~o~)/
[PR]
by suzukialoha | 2013-11-29 20:35 | 占い

西洋占星術家 鈴木あろはによる公開ブログでございます!!!


by suzukialoha
プロフィールを見る
画像一覧